妊娠 虫歯 治療

MENU

妊娠中は虫歯に注意!でも歯の治療は受けてもいいの?

 つわりの時期は、食生活が不規則になりがちで、だらだらと食べ続けてしまうこともあるため、自浄作用という口の中を虫歯になりにくい状態にする力がはたらきにくくなりますので、虫歯になりやすいといわれています。

 

 また、ホルモンの影響で唾液が変化して、虫歯になりやすい口内環境になることもわかっています。妊娠中は、ふだんよりも虫歯予防を心がけて、きちんと歯を磨くようにしましょう。

 

 

 

虫歯になったら、妊娠中でも治療を受けられる?

 妊娠中であっても歯科治療を受けることは可能です。また治療を控えた方がいい時期もとくにありません。

 

 歯科治療におけるX線写真が、お腹の赤ちゃんに影響することはなく、抗生剤や鎮痛薬もほとんど問題ありません。ただし、治療を受けるときは、必ず妊娠中であることを伝えるようにしましょう。

 

 傾向としては、早急に治療が必要な症状でない場合、経過観察になることが多いようです。また、産婦人科的に問題がなくても抜歯を避けることも。
 出産後に通院するのは大変ですから、治療については医師とよく相談するとよいかもしれません。

 

治療を受けるときの注意点

 歯科治療を受けるときに注意したいのが、長時間あお向けの状態でいないことです。長時間あお向けのままでいると、仰臥位低血圧症候群が心配され、吐き気や冷や汗、息苦しいなどの症状が起きることがあります。

 

 ほとんどの歯科医院では、妊婦さんに対して気にかけた配慮をしてくれるはずですが、もし、あお向けのまま待つよういわれた場合は、我慢せずにスタッフに声をかけるなどして、横向きに姿勢をかえるようにしましょう。

 

 

 

歯周病は早産の原因になる?!

 出産直前になると、出産を誘発する役割を果たすタンパク質の分泌が増えてきます。それと同じタンパク質が、実は歯周病の病巣部からも分泌されることがわかっています。
 ある調査では、歯周病のある妊婦さんが早産になる可能性は、歯周病のない妊婦さんにくらべて4.3倍も高いと報告されました。

 

 関係のないように思われる口の中の病気と出産ですが、歯周病は早産を起こしやすいといわれるのは本当ですので、歯周病の疑いがあるときは、早めに歯科を受診した方がよいでしょう。

 

歯周病とは

 歯肉が腫れて出血している状態のことを歯肉炎といいます。歯垢が原因で起きる症状で、歯垢の中にたくさんいる細菌が、有害物質をだすことで起こります。

 

 歯周病とは歯肉炎が進行した状態のことで、歯ぐきがぶよぶよに腫れたり、膿や出血の症状があります。また、口臭がひどくなったり、重症化すると歯が抜け落ちてしまうこともある病気です。