妊娠 便秘 改善

MENU

妊娠中の便秘は食生活で改善を

 妊娠中に便秘になりやすいのは、ホルモンの影響で妊娠前にくらべ腸のうごきが鈍くなるためです。また、子宮が大きくなってくると内臓を圧迫しだすので、さらに便が出にくくなってしまいます。

 

 

 

便秘を改善するには

 あまりにひどい便秘のときは、産婦人科で便秘薬を処方してもらうとよいでしょう。ただし、便秘薬はあくまで補助手段と考えて、食生活やふだんの生活のなかで便秘を解消するようにすることが大切です。

 

 まずは、便の量を増やして便が出やすくなるように、水をたっぷりと飲み、食物繊維の多い食材をたくさん食べましょう。
 食物繊維は、野菜や根菜、きのこ類にたくさん含まれていますので、毎日食事に取り入れるとよいでしょう。ほかにも、りんごやプルーンにも食物繊維がたくさん含まれています。

 

 そして、毎日決まった時間にトイレに行くことがおすすめです。行きたいときに我慢しないことや、時間に余裕をもったトイレタイムにする工夫も心がけてください。

 

腸の動きを活発に

 便秘のときは、腸のうごきを活発にすることも大切です。ウォーキングや腰を左右にスイングするストレッチなどをして、腸のうごきを活発にしてあげましょう。

 

 

 

トイレでいきんだとき、赤ちゃんに悪影響は?

 トイレでいきんだときに腹圧がかかることで、赤ちゃんが苦しまないか心配に思うかもしれません。でも、トイレでいきむくらいの腹圧であれば、羊水がクッションとなって赤ちゃんを守ってくれていますので、心配いりません。

 

 それよりも、いきみ過ぎることで痔になりやすいので、注意してください。

 

 

便秘で痔になってしまった…出産のときは大丈夫?

 妊娠中は子宮が大きくなるため、血液循環がわるくなって、便秘から痔になりやすくなります。
 痔になってしまった場合、出産時にちゃんといきめるのか不安になることもあるかもしれませんが、お産のときは、肛門部を保護するようになっていますので心配いりません。

 

 それでも、出産時までに痔を悪化させることのないようふだんから気をつけておく方がよいでしょう。

 

痔を悪化させないために

 座りっぱなしや立ちっぱなしなど、長時間同じ体勢でいることを避け、まめに姿勢をかえるよう意識しましょう。お風呂にはいって、腰やおしりを温めることも有効です。

 

 そして、便秘を改善させることがいちばん大切です。香辛料をとりすぎたり、下痢にならないよう注意してください。

 

 また、温水洗浄便座でおしりを洗いすぎると、痔を悪化させる原因となりますので、注意しましょう。

 

またどうしても便秘がひどいときは便秘やダイエットにも効果のあるサプリなどを摂取することも大切です。
参考のサプリはコチラ http://www.niupixuan555.info/entry18.html

 

 

ダイエットに効果があると言えば、ミドリムシナチュラルリッチも有名ですよね!
実際にはどの程度効果があるのか、ミドリムシナチュラルリッチを体験した方の感想を、一度確認してみてくださいね!